梅子の部屋

愛猫たちとの徒然日記

梅ヤマ劇場☆その9

父が出張の準備をしていたときのこと、、、



ヤマト「どすん」
「準備ができないので、退いていただけませんか?」

58



ヤマト「どすん」
「上手に収まっておられるんですけどねぇ(^^;」

53



ヤマト「どすん」
梅子「退いてだってにゃ」
「よろしくおねがいします」

08



梅子「ちょこん」
「今度は、梅子さんですか(困)」

36



梅子「ちょこん」
「座り心地、よさそうですけどねぇ(^^;」

39



梅子「ちょこん」
「困りましたねぇ…」

44

このあと、毛まみれになったキャリーバッグに
荷物を詰めて、無事でかけた父でした。。。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ひと暴れしたあと、
ソファーで落ち着かれていた梅ヤマさん。



ヤマト「じーーーー」
梅子「じーーーー」

46



ヤマト「ん?」
梅子「ん?」

51



ヤマト「ん?!」
梅子「ん?!」

01



ヤマト「んん?!?!」
梅子「特に、にゃんもにゃいにゃ」
「母の出番もにゃいにゃ(涙)」

10-1




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

母の毛布に異変が…!



「あら、なんか膨れてますねぇ」
ヤマト「zzz....」

34



「ちらっ」
ヤマト「zzz....」

53



梅子「にゃにちてるにゃ?」
「毛布が、おかしなことになってるんですよ」

02



梅子「あたちは、梅子だにゃ」
「わかってますよ(^^;」
ヤマト「zzz....」

53



梅子「どれどれ」
「もう少し上ですよ」
ヤマト「zzz....」

58



ここで父と母は、ご近所のカフェでランチを。
ラテを注文すると、こんなに可愛いアートが♪

15



「ただいま~」
梅子「ヤマト、まだ潜ったまんまだにゃ」
ヤマト「zzz....」

39


この後も、延々とこの状態が続きました(笑)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

父母が組んでるバンドの衣装が届いた箱にて。。。



梅子「にゃんか、変わった形だにゃ」
ヤマト「たちかに、いつもにょ箱とは違うにゃ」
「オリジナルTシャツが入ってましたからね」

35-1



梅子「ほほぅ…だからこんにゃ仕組みにゃにょか」
ヤマト「収まり良いにゃ」
「すっぽり入っておられますね」

37



梅子「にゃかにゃか、複雑にゃ仕組みだにゃ」
ヤマト「ねーちゃんにょ性格みたいだにゃ」
「ノーコメントです(^^;」

45



梅子「あたちにょ性格って、にゃんだー!」
ヤマト「ややこちいじゃにゃいかー!」
「それは否定しません(^^;」

54-1-1



梅子「母ちゃんに似たから、仕方にゃいだろにゃー!」
ヤマト「似すぎてるにゃー!」
「複雑な気持ちになってきましたね(^^;」

58



梅子「しょんにゃに、似てるにょかにゃー!」
ヤマト「残念ながら、似てるにゃ」
「ガクッ…_| ̄|○lll」

02



梅子「どうちたら、改善できるにゃ?」
ヤマト「しょれは、無理だにゃ!」
「お気の毒デス…」

05



梅子「ヤダにゃー!」
ヤマト「受け入れるしかにゃいにゃ…」
「すみませんねぇ…」

07-1



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

タワー最上階にて、
いつもと違う様子な梅ヤマさん。。。



梅子「いい景色ですこと…」
ヤマト「ほんとだな…」
「いつもの、猫語はどうなったのでしょうか?」

04



梅子「うっとりしちゃうわ~」
ヤマト「君のほうが、うっとりするぜ」
「しかも、設定が恋人でしょうか?」

09



梅子「このまま、ずっとこうしていたいわ」
ヤマト「オレも、君とこうしてずっといたいぜ」
「面白いから、しばらく見てましょうか」

21



梅子「ヤマトさん…」
ヤマト「梅子…」
「いつもと立場が逆転してません?」

28



梅子「嗚呼、もうすぐクリスマスね…」
ヤマト「今年のクリスマスは、家族と過ごさないと…」
「え?そういう設定だったのですね(^^;」

57



梅子「いいわよ、私一人でも平気だから」
ヤマト「でも、君のことを愛しているよ」
「罪なオトコの設定なのですね(^^;」

20



梅子「罪ってにゃんだ?」
ヤマト「知らにゃい」
「急にお戻りになるのですね(^^;」

25



梅子「にゃんか、変なドラマ見てたにゃ」
ヤマト「妙に疲れたにゃ」
「続きが見て見たかったです…」

49



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

布団の上で、ロマンス、、、?!



梅子「一目会ったそにょ日から、、、
ヤマト「ねーちゃん、顔大きいにゃ」
「梅子さん、いかがなさったのでしょうか?」

52



梅子「これは、禁断にょ恋だにゃ…」
ヤマト「にゃに、耳立ててコーフンちてるにゃ?」
「本当ですね~」

55



梅子「OH~ロミオォォ~!」
ヤマト「これって、ジュリエットォォ~って返しゅヤツかにゃ?」
「そうですよ」

03



梅子「ロミオ~~
ヤマト「ねーちゃん、大丈夫かにゃ…」
「たぶん気まぐれだと思いますよ」

51


数秒後、もう冷めておられた梅子さんでした(^^;


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ふと気づくと、ワークチェアがこんなことになってました(笑)



梅子「うっとり~」
ヤマト「うっとり~」
「お揃いで何よりです」

08



梅子「うっとり~」
ヤマト「ぼーーー」
「おじゃましてます」

13



梅子「のそ~ん」
ヤマト「のそ~ん」
「この丸さがたまりませんね

18-1



梅子「どて~ん」
ヤマト「どて~ん」
「こうしてみると、ヤマトさん大きいですね」

25



梅子「くる~ん」
ヤマト「くる~ん」
「手足がわからないくらい丸いですね」

28



梅子「丸は素晴らしいにゃ」
ヤマト「母ちゃんにょインスタのアピールだにゃ」
「ありがとうございます」

35

母のインスタでは、「丸」をテーマにした画像を
毎日載せています。
yukky.okuda または ゆっきー★で
検索すると出てくると思いますm(__)m


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

母が、自撮りしていたときのこと、、、



梅子「母ちゃん、いつもこんにゃことちてるにゃ(呆)」
ヤマト「変だにゃ」
「こんな角度でいいかなぁ~」

07



梅子「母ちゃん、一人で笑ってるにゃ(((( ;゚д゚)))」
ヤマト「ぼくは、避難しゅるにゃ」
「にこっ(* ̄∇ ̄*)」

12



梅子「母ちゃん、大丈夫かにゃ…」
ヤマト「ぼくは、知らにゃい」
「こんな角度はどうかしら?」

15



梅子「あたちは、どうしゅれば良いかにゃ…」
「手も加えてみよっと♪」

34



そうして、出来上がった自撮りコレクション(笑)

28

アクセサリー作家でもある母の友人作の
オルゴナイトのアクセサリーをつけて
Facebookでアピールしてました♪

友人Aveeさんのアクセサリーコレクション ⇒ こちら



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

母が、次の日のお出かけの準備をしていたときのこと、、、



梅子「こにょバッグが出てきたら、かにゃり怪ちいにゃ」
ヤマト「了解だにゃ」
「そんなに怪しいですかね?」

10



梅子「こにょあたりが、特に怪ちいにゃ」
ヤマト「ぼくには、よくわからにゃいにゃ」
「そこは、何も入ってませんよ(^^;」

30



梅子「ヤマト、左右も警戒しゅるにゃ」
ヤマト「了解だにゃ」
「家の中ですけどね(;一_一)」

31



梅子「そちて、後ろもしっかりにゃ」
ヤマト「了解だにゃ」
「いつもの風景だと思いますよ(;一_一)」

40



梅子「他に、調べるとこはにゃいかにゃ」
ヤマト「ねーちゃん、もうないと思うにゃ(呆)」
「母もそう思います」

44



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

母がブーツを買ってきたときのこと、、、



梅子「見慣れにゃい怪ちいもにょが来たにゃ」
ヤマト「かにゃり怪ちいにゃ」
「今まで履かなかった感じのブーツを買ったんですけど…(^^;」

40



梅子「母ちゃん、あんにゃこと言ってるけど、どう思うにゃ?」
ヤマト「これはこれで良いんじゃにゃいかにゃ?」
「ありがとうございます!」

19-1



梅子「たちかに良いかもにゃ」
ヤマト「・・と思うにゃ」
「愛用します♪」

21



梅子「あとは、ニオイだにゃ」
ヤマト「ここから、ねーちゃんしつこいにゃ」
「例の行動なさるのですね(^^;」

26



梅子「あたちにょニオイがついてにゃい。スリスリ~」
「ついてなくても、履けますよ(^^;」

40



梅子「まだ足りにゃい」
「そうですか(^^;」

45



梅子「どうちたら、効率よくニオイつけられるかにゃ…」
「ググっても出てこないと思いますよ(;一_一)」

52



梅子「しょうにゃにょか…(;一_一)?」
「しょうでしゅにゃ…(;一_一)」

53



梅子「じゃぁ、地道にスリスリ~しゅるにゃ」
「片づけたいのですけど…(;一_一)」

58



ちらっと動画も撮ってみましたが
ビデオ回したとたん、あんまりスリスリ~なさいませんでした(涙)






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ