ハチワレさんティッシュカバーと並ぶヤマトさん。


ヤマト「オマエは、にゃんでハチワレにゃにょだ?」
ハチワレさん「しょういうデザインだにゃ」
「黒猫さんも増やしますね」

09



ヤマト「ほんとかにゃ?」
ハチワレさん「顔がかぶってるにゃ」
「可愛い黒猫さんがいれば、ですけどね」

19



ヤマト「コイツ、ぼくにょ真似しゅるにゃ」
ハチワレさん「仲良しだにゃ」
「お似合いですよ」

25



ヤマト「ぼく、背中に穴開いてにゃいにゃ」
ハチワレさん「ヤマトさん、背中からティッシュ出しますにゃ」
「そうなんです、困ってます(涙)」

33



ヤマト「しょれにしても、母ちゃんとねーちゃん、ちゃっかり写ってるにゃ」
ハチワレさん「お二人とも、足が太いでしゅにゃ」
「あら、ガラスに写っちゃってますね(^^;」
梅子「あたちが、本当にょハチワレだにゃ」

22



ヤマト「で、ねーちゃん、激ちいにゃ」
ハチワレさん「ワタクシは、大人しいでしゅにゃ」
「ティッシュカバーですもんね(^^;」

28



梅子「やい!止まれにゃ!」
「お楽しみくださいませ」

32



梅子「あたちにょ念力で、止めてやるにゃ」
「出来たら、スゴイ能力ですよ~」

36



梅子「とーまーれーにゃー」
「苦戦されてますね(^^;」

41



梅子「この青ヒモ、マズイにゃ」
「食べるものではありませんから(呆)」

44