梅子の部屋

愛猫たちとの徒然日記

July 2016

新居2日目の梅ヤマさん。
夜には、オモチャでご堪能していただきました。






梅子「新居でも、オマエはトンネルが良いにょか?」
ヤマト「トンネルはサイコーだにゃ」
「元気に遊んでくれて、ほっとしてます」

56



梅子「ところで、ここはどこだにゃ?」
ヤマト「どこにゃんだろにゃ?」
「大阪市内ですよ」

48



ヤマト「ぼくにょ故郷だにゃ」
「よく覚えてましたね~」

57



ヤマト「とはいえ、まだここは慣れにゃいにゃ」
「ごゆっくり慣れてください」

14



梅子「あたちにょ故郷は、大阪市内じゃにゃいにょか?」
「梅子さんは、和泉市ですよ」

29



梅子「どこだにゃ?」
「大阪府でも、南の方ですよ」

17



ヤマト「ねーちゃんは、南国出身にゃにょか?!」
梅子「そーにゃにょか?」
「そこまで南ではありません…(;一_一)」

50



ヤマト「こいつは、南国っぽくにゃいか?」
梅子「たちかに、そうかもにゃ」
「いつものオモチャですよ」

50



ヤマト「父ちゃんも母ちゃんも、南国出身にゃにょか?」
梅子「あたちは、南国じゃないにゃ」
「あなたたちよりも、北の方ですよ…」

58



2日目の夜の梅ヤマさんは、
オモチャをご堪能されてましたが、
引っ越し初日の夜は、お食事もイマイチ
お召し上がりになりませんでした…


かろうじて、ヤマトさんが少し召し上がりました。

53

3日くらいで2人とも、食欲は元通りになってくれて
ほっとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

じつは、1週間前の23日に
引っ越しをした梅ヤマ宅。。。


その引っ越しの当日の様子です。


「搬出作業ちうは、この中にいてくださいね」
梅子「にゃんか、騒がちいにゃ」
ヤマト「知らにゃいお兄しゃんがたくさんいるにゃ」

43



ヤマト「ぼく、ちと怖いにゃ…」
「ヤマトさんは、お客さんのときも逃げられますもんね…」

04



ヤマト「おねーちゃんの後ろに隠れるにゃ」
梅子「みんにゃ、がんばれよにゃ~」
「梅子さんは、お客さんには、いつも興味津々ですよね」

00



梅子「みんにゃ、マジメに働いてるにゃ」
ヤマト「力持ちだにゃ」
「梅子さん、ちと上から目線ですね(^^;」

03



梅子「あたち、あにょお兄しゃんが好みだにゃ♡」
ヤマト「ねーちゃん、面食いだにゃ」
「母に似てしまったのですね(^^;」

09



梅子「母ちゃんと同じ人生は、やだにゃ…」
ヤマト「ねーちゃん、諦めにゃよ」
「すみませんねぇ…」

13



梅子「ところで、あたちたち、どこに行くにょだ?」
ヤマト「もちかちて、ぼくだち移動しゅるにょか?」
「その通りですよ」

31



梅子「このお家とも、お別れにゃにょか?」
ヤマト「それは、大変だにゃ」
「すみませんねぇ…」

33



前日の梅子さん。

梅子「にゃんか、最近にょ家の様子が違うにゃ…」
「明日、引っ越すのですよ」

46



前の家では、父の帰りを
このように出迎えてた梅ヤマさん。

53


新居に移動するときは、キャリーケースに
入ってもらってました。

で、新居について、ちと解放してあげようとしたところ、
梅子さんが、すぐさまキャリーケースのカバーに
隠れてしまいました…

好奇心旺盛な梅子さんが珍しいです。
その後、ヤマトさんも続いて
2人でカバーに隠れてました。

その後、ゲージに入ってもらい、
搬入作業をしてもらい引っ越しは終了。


引っ越してから、だんだん慣れてきてくれてるものの
まだ慣れなくて、心細いのか、
夜中、よく鳴いてるヤマトさん。

梅子さんも、心細いのかもしれませんが、
普段からあんまり鳴かないのでわかりにくいです。

ただ、あちこちパトロールを
念入りにされてます。


我が家にとっても、母自身にとっても
人生で初めてのニャンコとの生活。

引っ越しが、想像以上に
梅ヤマさんに負担をかけてしまってるようです…

ごめんなさいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

梅ヤマ宅のベランダにハトがやってきました。。。



梅子「にゃんだ?アイツは?」
「ハトさんですよ」

48



ハト「こんにちは♪ハトで~す」

51



梅子「変わった形だにゃ」
「ハトさん見るのは、初めてでしょうか?」

42



梅子「近づいてみたにゃ」
「逆に、遠くなってますよ(;一_一)」

29



梅子「やい!ハト!挨拶しにゃよ」
ハト「・・・・・・・・。」
「何をしても動じないお方ですね、ハトさんは(^^;」

54



ヤマト「にゃんだ?にゃんだ?」
「ハトさんですよ」

31



梅子「じーーーーーっ」
ヤマト「ねーちゃん、お尻丸見えだにゃ」
「ヤマトさんも、丸見えですよ(^^;」

14



梅ヤマ「じーーーーーっ」
ハト「・・・・・・・・。」
「しかし、ほんと、動じないハトさんですね(^^;」

42



ヤマト「君は、何しにきたにょにゃ?」
ハト「なんとなくで~す♪」

22



ヤマト「それにちても、変わった形だにゃ」
「ヤマトさんも、ハトさん見るの初めてでしたっけ?」

03


このあとも、何をしても、まったく動じなかったハトさん。

梅ヤマさんのコーフンはおさまらなかったので、
網戸が破けないうちに窓をしめ、
ハトさんには、ご退去していただきました…

余談ですが、母はハトやカラスが苦手なので
近くにいると怖いです(^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

母を見張る梅子さん三段階~



小梅子さん。

17



中梅子さん。

20



大梅子さん。

07

梅子「あたちを三段階にしゅる意味はあるにょか?(呆)」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カウンターでたたずむ梅子さん。。。



梅子「今日はどんにゃ一日だったかにゃ?」
「何事もない一日でしたよ」

09



梅子「不満にゃにょか?」
「不満ではないけど、面白くないですね(^^;」

12



梅子「そういうときは、見方を変えるにょだ」
「梅子さんのように、角度を変えるのですね」

25



梅子「そにょ通りだにゃ」
「わかりました」

32



梅子「横からみると、あたちも違うにゃ」
「足が落ちそうですね(^^;」

37



梅子「後ろからみると、さらに違うにゃ」
「ずんぐりむっくりですね」

53



梅子「もっと違うことを、見つけられにゃいにょか(呆)」
「すみません」

01



ヤマト「ぼくも、角度変えてみるにゃ」
「お利口さんですね」

16



ヤマト「そもそも見る角度を変えるって、
そういう意味じゃにゃいと思うにゃ(呆)」
「はい…」

23


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

光に敏感な梅子さん。
このとき、壁に反射した光を
追いかけようとする梅子さん。。。



梅子「光があったにゃ」
ヤマト「もうにゃいにゃ」
「スマホが反射してたのですよ」

58



梅子「きっとまたあるはずだにゃ」
ヤマト「諦めが悪いにゃ…」
「梅子さんは、妙に粘り強いですからね(^^;」

11



梅子「出てこいにゃ~」
ヤマト「しつこいにゃ…(呆)」
「・・ですね(^^;」

44



梅子「ん?!?!?!」
ヤマト「ん?!?!?!」
「一瞬、スマホが反射しましたね(^^;」

57



梅子「きっとまた出てくるにゃ」
ヤマト「にゃんで、光が好きにゃにょ?」
「梅子さんは、光が好きですよね」

35



梅子「どこだにゃ?教えてにゃ」
「もうないですよ(^^;」

54



梅子「あっちかにゃ?」
「・・・・・・・・(^^;」

58



梅子「こっちかにゃ」
「・・・・・・・・(^^;」

10



ヤマト「もう、付き合ってられにゃい…ふわぁぁぁぁ」
「お疲れ様です」

47


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ペンギンさんに対する
梅ヤマさんの反応はイマイチ…(涙)


・・ということで、今度はお魚を
出してみましたところ、、、







ヤマト「オマエは、にゃんで青いにょだ!ベイビー!」
「オモチャですから(^^;」

28



ヤマト「動け~~~(念力)」
「無理です(;一_一)」

55



ヤマト「俺様が、可愛がってやるぜ~」
「ご堪能ください」

31



ヤマト「コイツ、俺様にょ言うこと聞かにゃいぜ」
「オモチャですから(2回目)」

16



ヤマト「もっと可愛がってやるぜ~ベイビー」
「仲良くしてあげてください」

01



ヤマト「こにょシッポにょ感触がたまらにゃいぜ~」
「楽しんでおられるようで、何よりです」

05



ヤマト「おっと!どこへ行くにょだ!ベイビー」
「オモチャですから、勝手に動きません(;一_一)」

22



ヤマト「ベイビ…そんにゃこと、言うにゃよ…」
「はい、わかりました」

26



梅子「ヤマトは、相変わらずだにゃ(呆)」
「梅子さんもご堪能ください」

26



梅子「手始めに、くわえてみたにゃ」
「サザエさんの歌が出てきそうです」

35


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

収まりよくお水を飲んだヤマトさんですが、
今回は、梅子さんとお水をご堪能されてる様子を。。。



梅子「オマエはいつも、黙々とお水飲むにゃ」
ヤマト「ぐびぐび~」
「梅子さん、いつもの飲み方と違いますね」
※いつもは、こちらを背中向けて座って飲まれます。

19



梅子「夏は、水分補給が大事だにゃ」
ヤマト「ぐびぐび~」
「その通りですね」

22



梅子「地味に、自分にょ顔が移ってるにゃ」
ヤマト「ぐびぐび~」
「本当ですね」

26



ヤマト「ねーちゃん、静かに飲めにゃいにょか?」
梅子「すまんにゃ~」
「ヤマトさんも、お叱りになるのですね」

37



梅子「まだ飲んでるにょか?」
ヤマト「ぐびぐび~」
「しっかり飲んでおられますね」

40



梅子「・・・・・・・・。」
ヤマト「やっと静かに飲めるにゃ」
「ご堪能ください」

50


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

引っ越しをする梅ヤマ宅。
慣れ親しんだ黒猫さんの
ウォールステッカーともお別れ…


黒猫さんのウォールステッカーと
幼かったヤマトさんと梅子さん。 ⇒ こちら


お別れ作業をしていたら、
梅ヤマさんがやってこられました。。。



梅子「黒猫しゃんたちは?」
ヤマト「いにゃくにゃったにゃ…」
「引っ越すので、さよならしました…」

03



梅子「しょうにゃにょか…」
ヤマト「にゃにょか…」
「すみませんねぇ…」

56



梅子「壁が真っ白だにゃ」
ヤマト「また会えるかにゃ?」
「新しいお家でも、ニャンコさん貼りましょうね」

10



梅子「今度は、ハチワレニャンコが良いにゃ」
ヤマト「そんにゃの、あるにょかにゃ?」
「たぶんないと思われます(^^;」

16



梅子「にゃいにょか…」
ヤマト「ねーちゃん、仕方にゃいにゃ」
「探してみますけど、ムズカシイかと…」

24



梅子「仕方にゃいか…」
ヤマト「ねーちゃん、そんにゃにショックにゃにょか?」
「そうみたいですね(^^;」

31



ヤマト「じゃぁ、ぼくもハチワレににゃるにゃ」
先日も言ってたけど、それは無理です(;一_一)」

51


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何があったのでしょうか?
祈りをささげる梅ヤマさん、、、



ヤマト「私にょ心よ~真実を教えておくれ~」
「胸に手を当てて、いかがなさいました???」

18



梅子「神よ、あたちたちに光を与えてくだしゃいにゃ…」
「辛いことでもあったのでしょうか???」

09



梅ヤマさんの祈りの真実はさておき、
このブログ、最近アクセス伸びてるな~って思ったら
ライブドアさんが、こうして紹介してくれてはったのです♪

02

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ