梅子の部屋

愛猫たちとの徒然日記

父母がテレビを観ていたときのこと。



梅子「じーーー」
ヤマト「じーーー」
「同じポーズなさってますね」

44



梅子「無断で撮ったにゃ(  ̄っ ̄)ムゥ」
ヤマト「じーーー」
「面白かったので」

56



梅子「あたちにも、プライバシーがあるにゃ(  ̄っ ̄)ムゥ」
ヤマト「じーーー」
「すみませんねぇ」

00



整列しながら、お外を眺める梅ヤマさん。


梅子「じーーー」
ヤマト「じーーー」
「何をご覧になってますか?」

00



梅子「曇り空だにゃ」
ヤマト「ほんとだにゃ」
「ほんとうですね」

21



梅子「曇り空にも、ロマンがあるにゃ」
ヤマト「ロマンってにゃんだ?」
「ググってください」

26



梅子「そちて、哀愁漂うにゃ」
ヤマト「そにょ通りだにゃ」
「哀愁の意味は、おわかりなのですね」

34-1



今日は新月ということで、
何やらつぶやいておられる梅ヤマさん。


梅子「今日は新月だにゃ」
ヤマト「新月ってにゃんだ?」
「ググってください」

39



梅子「にゃんかスタートしゅるにょに、良いらちいにゃ」
ヤマト「じゃ、ぼくは、イタズラをスタートするにゃ!」
「もう十分なさってるじゃないですか…(;一_一)」

42



父の書斎からお外を眺める梅ヤマさん。



梅子「いつも見えるあれはにゃんだ?」
ヤマト「にゃんだろにゃ?」
「お隣のビルの屋上ですよ」

30



梅子「お隣にょビルは、にゃんだ?」
ヤマト「にゃんか書いてあるけど、読めにゃい」
「事務所が入ってるビルですよ」

33



梅子「あれも事務所にゃにょか?」
ヤマト「事務所ってにゃんだ?」
「お仕事するところですよ(少し雑)」

41



梅子「父ちゃんにょ説明って、母ちゃんよりマシだにゃ」
ヤマト「でも、雑だにゃ」
「すみませんねぇ」

00



↑このページのトップヘ